スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAW

20050411a98d9349.jpg
**SAW**
製作2004年 アメリカ
監督ジェームズ・ワン
出演ケイリー・エルウィズ
ダニー・グローヴァー
モニカ・ポッター
作品について密室で足を鎖でつながられた2人の男が直面する究極の選択と苦悩を描いたスリラー。ともにオーストラリア出身のジェームズ・ワン監督と主演の『マトリックス リローデッド』のアクセル役、リー・ワネルはこの作品で一躍脚光を浴び、低予算での製作映画ながら全米2000館で公開。全く先の読めないストーリー展開とスタイリッシュな映像は必見。

うまくできている、映画!

「だまされた!」とか「どんでん返しだ!」とか、
言う観方で観ていてはもったいない映画です。
「謎を解こう」とか考えながら観るより、
作り手側の気持ちになって観ていると面白かった。

もう、最後には絶対だまされると覚悟して、
犯人探しをするのはあきらめて、
「このシーンは後にどういう意味を持つ伏線になるんだろう?!」とか、
「ここはきっと、何か隠してるぞ!」とか期待しながら観るのがお勧め。

終わってみて、凄くストーリーや脚本が作りこまれた映画だったことが、
よく分かります。頭が良いんだろうな~。

観終わって、解説入りの映像を少し見てみたら、
低予算で作ったために、プロデューサーの友人が出演していたり、
低予算なりの工夫をしている裏話など聞けて、興味深かった。
低予算だからこそ、逆にリアリティのある映像が作れたんじゃないかと思う。

ちょっとグロテスクな映像もあり、直視するのがつらいシーンもあるけど、
犯行の残忍さや、展開の巧妙さ、映像のセンスなど、
なかなかレベルの高い映画です!
スポンサーサイト

comment

★★★★☆

 こんにちは。はじめまして。TBありがとうございました。
そう、この映画本当にうまくできていますよね。グロい映像も多いけど、見てよかった、スゴイって素直に思えます。
 また遊びに来ますね。

TBありがとうございます。脚本書いたLeigh Whannellがアダムの役をやってるとこからして低予算ぶりが出てますが、おそらく演技が難しいから自分でやったんでしょうね。それでは。

はじめまして。TBありがとうございます。
「SAW」ラストが予想出来なくてほんとビックリでした。出来のいい映画でしたね。

俺もSAW見たよ。
あぁゆぅシチュエーションホラーは当たり外れがあるけど
SAWは久しぶりにHIT
お化けも、ゾンビも、貞子も出てこないのに
冷や汗が出るくらいの緊張と恐怖感がいい感じでした。
様々な状況下の中で一番怖いのはやっぱり人間なんだなと実感。
  • アイリー
  • [URL]
  • [edit]

>とっぴい さん
コメントありがとうございます(^^)v
本当にこの映画、「うまくできている」っていうのが、
一番ですよね!
また、よろしくお願いします。
>tomboze さん
tomboze さんはたくさん映画を観られていて、
Blogも素敵ですね!
見入っちゃいました~☆

>uma さん
はじめまして~。コメントありがとうございます!
ラストがビックリ、出来が良い!
その通りですよね~☆
>アイリーさん
Blogも見に来てくれたんだね~(^^)v
「一番怖いのはやっぱり人間」に同感!!
生身の人間が一番怖いよね!
逆に、一番感動させてくれるのも人間だったりする。
また来てね~。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

映画「ソウ SAW」を見た。

映画「ソウ SAW」を見た。
copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。