スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2046

20050512d8a437fa.jpg
**2046**
製作2004年 香港
監督ウォン・カーウァイ
出演トニー・レオン 、木村拓哉 、コン・リー
作品について『欲望の翼』『花様年華』のウォン・カーウァイ監督が描く近未来のラブストーリー。日本の木村拓哉をはじめ、『インファナル・アフェア』のトニー・レオン、『始皇帝暗殺』のコン・リー、『恋する惑星』のフェイ・ウォン、『LOVERS』のチャン・ツィイーらアジアを代表する俳優が勢ぞろいしている。近未来世界の美しい映像と鮮やかな衣装の数々は要チェック。

トニー・レオンが昔愛した人を忘れられずに引きずっている思いが描かれています。

「2046」は二人が過ごした思い出のホテルの部屋番号。
キムタクは、フェイ・ウォンの日本人の恋人の役と、
”2046”と呼ばれるトニー・レオンが書いたSF小説の主人公(トニー・レオン自身を映し出している)の役です。
キムタクのセリフで「2046から戻った者は今まで1人もいない。俺を除いては…」とありますが、
トニー・レオンは必死で過去の想いを振り切ろうとする気持ちがその言葉から伝わります。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

2046感想

其処に行けばもう一度あなたに出逢えるのだろうか
copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。