スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイ、レーニン!

200505120820a521.jpg
**グッバイ、レーニン!**
製作2003年 ドイツ
監督ヴォルフガング・ベッカー
出演ダニエル・ブリュール 、カトリーン・ザース 、マリア・シモン
作品について 1989年、東ベルリン。テレビ修理店に勤める青年アレックス。彼の父は10年前に家族を捨て、西側に亡命した。一方、母クリスティアーネは、その反動からますます愛国心を強めていく。そんなある日、秘かに反体制の考えを持っていたアレックスが反社会主義デモに参加。その結果、警察と衝突するところを偶然目撃したクリスティアーネはショックで心臓発作を起こし、昏睡状態に陥ってしまう。その間にベルリンの壁が崩壊、統一ドイツは資本主義国家となる。やがて8ヶ月後、クリスティアーネは奇跡的に覚醒するのだが…。

ドイツの映画、めずらしいですね。
でも、この映画、結構私のツボでした!

かなり、滑稽で笑えます。
それでいて、ドラマチックでもあり感動もします。
東西ドイツの統一のイメージって、
当時、ニュースでよく見た、
壁を壊してる映像しかなかったけど、
この映画でなんとなく、こんなんだったんだ~
と、さわりだけでも知れたような気がします。

私の伯父さんはもう30年以上ドイツのベルリンに暮らしています。
壁の崩壊の時もその場にいたんだ、と思うと
不思議な感じがします。

一度は訪ねてみたいと思いました。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

「グッバイ、レーニン!」

・・・・時代が変わっても、心は変わらない。★★★★★かなりオススメです。DVD買いました。コメディタッチで描くドイツのハートフルドラマムービー。バリバリの社会主義者だった母が倒れた!母が昏睡状態の間にベルリンの壁は崩壊、ドイツが統一されてしまったからさあ
copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。