スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約三十の嘘

200507174437722d.jpg
**約三十の嘘**
製作2004年 日本
監督大谷健太郎
出演椎名桔平
中谷美紀
妻夫木聡
作品について人気劇作家・土田英生の同名戯曲を『とらばいゆ』の大谷健太郎監督が映画化。ある事件以来解散状態だった詐欺師たちが再び結集し、豪華寝台特急トワイライト・エクスプレスを舞台に詐欺バトルを繰り広げる。キャストには『クイール』の椎名桔平、『ホテル・ビーナス』の中谷美紀、『ジョゼと虎と魚たち』の妻夫木聡ら美男美女が勢ぞろい。また、人気爆発中のクレイジーケンバンドが映画音楽に初挑戦し、物語を盛り上げている。

面白い!私好みの作品でした!

豪華寝台特急トワイライト・エクスプレスに乗り込んだ志方大介(椎名桔平)ら6人の詐欺師たち。
ある事件以来解散状態だった彼らは再び結集し、
3年ぶりの大仕事を成功させるが、
戦利品である大金が詰まったスーツケースを紛失してしまう。

っと言うストーリーですが、最後までほとんど列車の中だけで
ストーリーが進んでいきます。
でも列車の外の出来事もしっかりイメージでき、
チープ感は感じませんでした。

詐欺バトルと言っても、2流の詐欺師達なので、
すご~く頭を使って疲れることもなく、
楽に軽く楽しみながら観ていられます。

トワイライト・エクスプレスが富山駅に停まり、
一人が降りるというキー的な駅に富山駅がなぜか選ばれていて、映るので、
地元民としては思わぬお年玉。

ラストも納得のスッキリ感。
私はどうやらこういうひねくれていて、
ちょっと地味にコミカルで、
ラストには爽快感のある映画が好きなようです。
(面白くないと思う人もいると思うので、『私好み』という評価にしておきます。)
スポンサーサイト

comment

初めまして☆
私も、この映画は楽しめました!
たしかに、主に電車の中でのストーリーでしたが
チープ感は感じませんでしたね。
私は、特に最後の宝田と志方のシーンが好きです!
TBさせて頂きますね☆

Yo-can さん
はじめまして、こんにちは!
コメント、TBありがとうございます。
最後の宝田と志方のシーンは、
確かに何だかじんわり、いい感じでしたね。
また、お邪魔させていただきます!(^^)!

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。