スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープ・ブルー

200507170aeca87a.jpg
**ディープ・ブルー**
製作2003年 イギリス/ドイツ
監督アラステア・フォザーギル
アンディ・バイヤット
出演-
作品について自然ドキュメンタリーの老舗、英国BBCの制作スタッフが、7年もの歳月をかけて撮り上げた壮大な海のドキュメンタリー映画。ロケ地は世界各国200か所にも及んだという。鰯の群れを巡ってのイルカとサメ、カツオドリの激しい攻防戦。シャチに狙われるコククジラの親子や、深海5000メートルの未知の水域で自ら光を発する発光性動物をとらえた映像など、これまで誰も観たことのない驚異のスペクタクルの連続に魅せられる。

今なお未知の部分の多い、海の世界に魅了された人々がその神秘に迫る。
海岸で暮らすアシカの親子がいれば、その子を狙うシャチがいる。
やがてカメラは色とりどりの珊瑚礁群を抜け、さらに宇宙よりはるかに到達した人の少ないという、
真っ暗な深海へと進む。

『眠たくなってしまう』という感想を良く聞きますが、
私は逆に興奮してしまって、観入っていました。

とにかく映像が美しいし、(DVDで良かった!)
「こんなのどうやって撮ったの?!」と信じられない、
観た事もない映像が次々と映し出されるので、
水族館好きの私にはすごく楽しかったです。

ちょこっとだけ合成的な映像が出るんですが、
その一部分のせいで、他の映像もCG?!と疑わせてしまうので、
その部分は入れないほうが良かったんじゃないかと思います。

鰯の群れや深海の発光性動物を観ていると、
自然って不思議だな~とつくづく思いました。
ぜひ、『皇帝ペンギン』も観てみたいな!
スポンサーサイト

comment

メイキングのDVDも良いですよね
どうやって撮影したのかが分かって感動しますよ
  • ぱにっく
  • [URL]
  • [edit]

ぱにっくさん
いつもありがとうございますm(__)m
メイキングも面白そうですね!
観てみたいです。
暑い夏にはぴったりの映像でした。
  • viaggio
  • [URL]
  • [edit]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。