スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CODE46

20051028d0a7abc5.jpg
**CODE46**
製作2003年 イギリス
監督マイケル・ウィンターボトム
出演サマンサ・モートン
ティム・ロビンス
ジャンヌ・バリバール
作品について前作『イン・ディス・ワールド』でベルリン映画祭の3賞に輝いた、マイケル・ウィンターボトム監督がSFに挑戦。遺伝子の徹底管理を行う社会によって引き裂かれる、運命の恋人達の姿を描く。『ギター弾きの恋』の若手実力派女優、サマンサ・モートンと、『ミスティック・リバー』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたベテラン、ティム・ロビンスが共演。人工的な世界で許されぬ恋に苦悩する人間臭い男女を情感豊かに演じる。

前に何かのTV番組で、この映画が酷評されていたんですが、
観たいものものも、特になかったので観てみることにしました。

近未来の上海で“パペル”と呼ばれる
滞在許可証を偽造していたマリア(サマンサ・モートン)は、
その調査に訪れた既婚のウィリアム(ティム・ロビンス)と恋に落ちる。
だが2人は同じ遺伝子を持つ者同士で、
その関係は“CODE 46”という法律で禁じられていた。


というストーリーなんですが、
近未来の世界で徹底したクローンの管理や、
その施設の管理体制を綿密に考えたつもりだったんでしょうが、
冷静に観ていると、設定に穴だらけなんですよ・・・。

こんなハイテク社会で、何で滞在許可書が印刷された紙なの?とか、
そんなウィルスがあれば、あれもできるしこれもできるでしょ?とか、
都合が良いように記憶を書きかえれるなら、もっと良い書きかえ方があったでしょうが?とか、

そんな事ばかり気にしていて、
楽しめない映画でした。

TVでの酷評はその通りでしたね。。。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。