スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エターナル・サンシャイン

エターナル.jpg
**エターナル・サンシャイン**
製作2004年 アメリカ
監督ミシェル・ゴンドリー
出演ジム・キャリー
ケイト・ウィンスレット
キルステン・ダンスト
作品について『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』の脚本家、チャーリー・カウフマンの最新作。監督は『ヒューマンネイチュア』のミシェル・ゴンドリー。お互いを忘れるために記憶除去手術を受けるカップルに、『マスク』のジム・キャリーと『タイタニック』のケイト・ウィンスレット。交錯する時間軸のヒントとなるケイト演じるクレメンタインの髪の色は要チェック。

映画、観たのにレビューしてなかったものを、まとめてアップします。

『マルコヴィッチの穴』は好きな映画のひとつなので、
この映画も期待していました。
ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試すが……。
というストーリー。

ありがちな感じで終わるのかと思ったら、
さすがに、もうひとひねりあって、いい感じに裏切られました。

こういう展開は、展開を理解する事やついて行くことに必死になりがちだけど、
思い出に対する切ない気持ちが伝わってきて、それもまた良かったです。

ちょっと残念なのが、リアリティのないキャラクターで、
気持ちが共感できないところもある事ですが、
リアリティのないのも映画だから描ける事だし!
過激な髪の色もストーリー展開の謎を解く伏線になっているところがにくいですね。鍊
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 今日は何をしようかな all rights reserved.

プロフィール

viaggio

Author:viaggio
富山で生まれ育ち、
大学からは東京、
30にして札幌に移住してきました。
二児のママです。

twitter

楽天市場

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。